うたたねモード

セミリタイア?っぽく生きてみる。

【再生医療】再生チップで細胞をリプログラミング

f:id:utatanemode:20170818164607j:plain

 

気になるニュース。

japanese.engadget.com

  

記事を読んでもどういうメカニズムなのか、いまひとつ詳しいことがわからない。

が、とにかく皮膚細胞のチップに電流を流し、それを別の細胞に書き換える?ことでケガや病気の治療に使えるらしい。

 

動画を見る限り、血管再生や損傷部の再生には効果があるようだ。

創部の再生(キズの治癒とか)ならまだわかるが、遠隔部の皮膚に貼ったチップによって皮膚細胞が脳神経細胞に変換され、それが脳まで届き?脳卒中脳損傷部を治癒する?って、ほんとににわかには信じがたい。

 

「この技術はあらゆる細胞や組織に適用可能だ」

 

とのこと。

万能感ある。

 

で、iPS細胞とはどう違うの?

比較するものではないの?

どれくらいすごいの?

どうなの?

・・・と疑問は尽きない。

 

個人的には、損傷・変性した心筋細胞などにも適用されるのなら、未来が明るくなるような気がする。

 

今、阪大病院では iPS細胞を用いた心筋細胞シート移植が進められようとしている。

www.nikkei.com

 

このニュースも希望であったが、さらに非侵襲の再生チップのような技術で治療できるようになるなら、それに越したことはない。

医療の進歩に期待する。